ハイドロキノン配合の美白クリームならビーグレンの効果を確かめて!

ハイドロキノン ビーグレン

  • HOME

ビーグレンのハイドロキノン配合美白クリーム

お肌を白くするにはどんな方法がいいかしら?ある程度の年齢になると、誰でも感じる女性の悩みですよね。そんな中、ハイドロキノンが配合されたビーグレンの美白クリームの存在がちょっと気になります。「ビーグレンのハイドロキノンは美白に効くのかしら?」、「ビーグレンのハイドロキノン配合クリームは、お肌が赤くなったり、炎症を起こしたりしないかしら?」。そんなあなたの疑問に迫ってみたいと思います。

ハイドロキノン配合の美白化粧品のリスト

まず、そもそもハイドロキノン配合の美白化粧品、「ビーグレン以外からはどんなメーカーから発売されているのかしら?」って思いますよね。今は日本でもハイドロキノン配合の美白化粧品を取り扱っている化粧品メーカーが幾つかあります。

たとえば、アンプルールという化粧品会社。ドクターズコスメを取り扱っていることでも有名ですよね。アンプルールの美白ケア商品として、ラグジュアリーホワイトシリーズがあります。新安定型ハイドロキノンが配合された化粧品のシリーズです。美白ケア効果を最大限に発揮させてれるベースを作る「ローションAO II」。まぶた周りのくすみを取る「コンセントレート アイ」。ピンポイントでシミやくすみを取るための「コンセントレートHQ110」。全顔ケア用の美白美容液「メラルミナス」。それ以外にも用途に合わせたハイドロキノン配合の美白化粧品のラインナップが揃っています。ハイドロキノンの濃度は、コンセントレートHQ110は2.5%で、メラルミナスは2%程度、それ以外については1%未満のようです。

プラスキレイというブランドもハイドロキノン配合の美白化粧品を取り扱っているとして、よく知れれています。ハイドロキノン美容クリームだけでなく、ハイドロキノン配合美容石鹸も販売しています。ハイドロキノン美容クリームの名前は、「プラスナノHQ」。ハイドロキノン含有率は4%で、気になる部分にピンポイントで集中ケアすることができます。

ドクターズコスメであるセルピュアもハイドロキノン配合の美白化粧品があります。「ブライトニングクリスタル」です。こちらの商品は、ハイドロキノンの配合率が高めで5パーセントあります。コンシーラーなしでファンデーションをしたい人に向けた、ピンポイントで使う美白クリームです。

これら以外にも、サンソリットの「ホワイトHQクリーム(4%)」。オバジの「ニューダームクリア(4%)。などもあります。

ハイドロキノンの作用と効果

美白というと、一般的に2つの考え方があります。これから新たなシミが出来ないように「予防」すること。それと、出来てしまったシミを「消す」こと。この2つです。そして、世間で売られている美白化粧品のほとんどは「予防」のみの効果です。ハイドロキノンの効果は、「予防」と「消す」の両方です。予防に関しては、ビタミンCやプラセンタといった美白(予防)成分と比べた場合、ハイドロキノンの美白予防効果は10倍から100倍もあると言われています。ハイドロキノンの最大の魅力何といっても、2つめの、すでにできてしまったシミを「消す」効果もあるということ。「シミを消す」ことができる美白化粧品は、ハイドロキノン配合化粧品の他にはなかなかありません。ハイドロキノンは、肌の奥にある「メラノサイト」と呼ばれるメラニン色素を生成する部分に作用して、メラノサイト自体を減少させてしまうという効果が期待できます。だから、できてしまったメラニン色素(シミ)を消したり、薄くしたりすることができる、というわけなんです。

効果があるうえのハイドロキノンの注意点

こんなに効果があるハイドロキノンですが、日本で私たちが普通に使えるようになったのは、2001年以降のことなんです。肌を漂白し過ぎて「白斑(はくたん)」できてしまう恐れがある等の理由で、それまでは厚生労働省が一般の販売を規制してたんです。逆に考えると、それくらい効果がある(あり過ぎる?)ということなわけです。2001年以降は、低濃度のハイドロキノンに関しては、化粧品等に配合することができるようになったので、私たちも手に入れることができるようになりました。現在は、解禁当時よりもさらに技術が進歩して、ハイドロキノンをより有効に、そして安全に使用できるような商品が開発されています。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9のメリット

安全に使えるように商品化されたハイドロキノン配合の美白化粧品ですが、それでも私たちは慎重に使用していかないといけないと思います。たとえば、日中は紫外線対策をいつも以上にしっかりやらないと駄目です。SPFの数値の高い日焼け止めを使わないといけません。何故かというと、ハイドロキノン配合クリームを塗った箇所は、光に対してお肌がデリケートな状態になっています。光を浴びると肌が通常以上の大きなダメージを負ってしまったり、色素沈着が逆に発生してしまうなんてケースもあります。ですので、日中は紫外線対策をしっかりやる必要があります。クリームによっては、夜だけ使用するようになっています。ハイドロキノンは効果があるゆえに、使用には注意が必要です。濃度5%以下のハイドロキノン化粧品は安全だとは言われていますが、体質によって副作用が出やすいことも考えられます。肌が赤く炎症を起こしてしまう、ということもあるのです。ですので、できれば極力濃度の低いものを使いたい気持ちはあります。でも、濃度が低いと、こんどはハイドロキノンの作用も低くなりますので、悩むところです。

ビーグレンから発売されている美白クリームは、濃度を1.9%に抑えながら、効果は、濃度4%のクリームと同じ、という実験に成功した商品です。QuSomeR(キューソーム)という技術によって、超極小カプセルでハイドロキノン成分を包み込んで、角質の奥まで届けてくれるようになっています。ハイドロキノンの浸透具合が格段によくなることによって、濃度1.9%でも4%と同等の効果が得られるというわけなんです。これなら、安心しながらハイドロキノンの効果を得られます。

まとめ

高い美白効果が期待出来ることで人気のハイドロキノン配合の美白化粧品。その中でも、より低濃度(1.9%)の配合で安全性を向上を求めつつ、美白効果については濃度の高い商品(4%)と同等の効果が期待できる美白化粧品。それが、ビーグレンから発売している美白クリームということになります。1.9%の配合率で、4%と同等の効果。長年の研究の積み重ねでそれを実現させてくれました。ハイドロキノン配合の美白化粧品を使いたい。でも、敏感肌なので心配。過去にハイドロキノン配合クリームを使って、肌が赤くなってしまったことがある。そんな経験をされた方までも含めて、是非一度試してみたい美白クリームだと思います。現在市販されている美白クリームの中では一番安心して、濃度4%程度の美白効果が期待できる化粧品だと思っています。

ビーグレンはテレビでもご紹介

最近ですと、2017年9月29日に、TOKYO MXの藤井隆さんMCの「おしえて!美bien!!!」でビーグレンが登場。きになる商品紹介コーナーで、ビーグレン商品が紹介されたのですが、目にした人もいるでしょうかね。

Copyright (C) 2014 ハイドロキノン配合の美白クリームならビーグレンの効果を確かめて! All Rights Reserved.

Page Top